2007年03月03日

Yujin300円ガチャ

SR灼眼のシャナ 気づけば全種コンプリートしていたお莫迦さん
気づけばどっぷりハマっております
原作も文章苦手ながらもどーにか11巻まで読んだし
自分の中でツンデレヒロインってもうこの娘なんですよ、うん

さてさてそんな300円ガチャフィギュアなのですが
300円の割にはひじょーによく出来ております
070303.jpg

でも何かと気に入らない点も多々
贄殿遮那持ってるバージョンは自立できなかったり
贄殿遮那そのものが短かったり
じゃあ作っちゃえ!ってことで贄殿遮那を作っちゃってます
わからない人の為に解説すると 贄殿遮那とは主人公が持ってる刀

nie.jpg

手前で横のやつが純正品
後ろの真っ白な製作途中なのが自作品
まだこれから削り出す必要があるのでかなーり荒いとです



公式設定でシャナの身長が141cm
フィギュアの大まかなサイズから恐らく1/14
贄殿遮那のサイズが全長130cmらしいのでシャナの身長(足を軽く開いて立っているポーズ)とほぼ同じに作成すればよし?
分類上贄殿遮那は野太刀に分類されるみたい
太刀の反りとかもう少しこだわりたい気もするけど
自分の力量じゃ限界ッス('-'*

設定資料とか持ってるわけじゃーないけども
鍔のカタチとかも統一されてないような気がする
なので鍔はオリジナル〜…というか乾燥したあと削り出す予定

ただ作品見てる限り、この刀身に対して柄が短すぎると思うのです
どこぞで調べたデータによりますと
全長130cm、刃渡り約108.3cm、柄約21.7cm。
これだけの刃物を振り回そうとするなら柄はもっと長くしないと!
なぁんて思いつつも、これはお話の中の設定なので深くツッこむのは無粋ってもんですよ
いや、つっこみたいんですよ、本当は('-'*
どっかの剣豪もきっとつっこみたくなるに違いない('-'*

田宮模型の1mmプラパン(刃と鍔)
同エポキシパテ(柄)
同透明ソフトプラ材2mm(柄の芯に使用)


ヒマっていうか、時間もてあますと色々と出来ますな('-'*
贄殿遮那が上手に出来たら吸血鬼も作ってみちゃおうかなと思ったり思わなかったり
posted by すぷ at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。